【マーケット トレンド】日経平均 2万1000円台維持できるか

 東京株式市場は日本と欧州の金融政策が注目される。日経平均株価は2万1000円台を維持できるかが焦点だ。前週は後半に下げが目立った。トランプ米大統領が示した鉄鋼などの輸入制限方針に動揺が広がり、売りが膨らんだ。今週は日銀が8、9日に金融政策決定会合を開く。市場では現行の大規模な金融緩和策を据え置くとの見方が出ているが、将来的な緩和縮小への思惑から株価は不安定な動きとなる可能性がある。