NY円、106円前半

 週明け5日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比46銭円安ドル高の1ドル=106円15~25銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2330~40ドル、130円95銭~131円05銭だった。

 トランプ米大統領が示した鉄鋼などの輸入制限の発動方針を巡り、貿易戦争の懸念がやや後退したことを受け、投資家のリスクを避ける姿勢が和らぎ、相対的に安全な通貨とされる円を売って、ドルを買う動きが優勢となった。(共同)