ボーイング、10年内に「空飛ぶタクシー」 安全技術と規制の確立必要 (1/2ページ)

 米ボーイングのデニス・マレンバーグ最高経営責任者(CEO)はインタビューで、「空飛ぶ車」の構想は「われわれが考えているよりも早く実現すると思う。今まさに、リアルなプロトタイプ車が製造されつつある。テクノロジーは極めて実現可能だ」と話した。今後10年以内に、自律操縦の飛行機が高層ビルにぶつからないように都市の道路の上を浮かぶように飛ぶ可能性はあるとみている。

 ボーイングは昨年、オーロラ・フライト・サイエンシズの買収を通じ、自律飛行という革新的な技術を手中に収めた。オーロラが手掛けるプロジェクトには、配車アプリの米ウーバー・テクノロジーズと開発中の「空飛ぶタクシー」が含まれる。ウーバーはこの「エレべート」構想で、米ベル・ヘリコプターに加え、ボーイングが統合協議を進めるブラジルのエンブラエルとも提携している。

 1980年代後半から自律飛行技術を手掛けているオーロラは、垂直離着陸(VTOL)が可能な2人乗りの無人機「eVTOL」を開発。「バーティポート(垂直離着陸用飛行場)」を結び乗客を運ぶ計画で、試験飛行は2020年にもダラスとアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで始まる可能性がある。

客を乗せて飛ぶドローン、2年以内に市場投入の可能性も