コインチェック、来週中めどにNEM補償開始 「原因は従業員PCのウイルス感染」

会見で謝罪し、頭を下げるコインチェックの和田晃一良社長(左)、大塚雄介取締役=8日午後、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
会見で謝罪し、頭を下げるコインチェックの和田晃一良社長(左)、大塚雄介取締役=8日午後、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)【拡大】

  • 会見するコインチェックの和田晃一良社長=8日午後、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)

 仮想通貨交換業者大手のコインチェック(東京)は8日、顧客から預かった仮想通貨「NEM(ネム)」の流出問題で、来週中をめどに顧客への補償を始めると発表した。ネム流出後に停止したほぼ全ての仮想通貨サービスについても、技術的な安全性などの確認が完了した仮想通貨から、来週中をめどに再開する。経営陣の刷新も検討する。

 和田晃一良社長らが東京都内で記者会見し、従業員のパソコンが外部から電子メール経由で送り込まれたウイルスに感染したことが流出原因だったと明らかにした。これにより、不正アクセスを受けネムが盗まれた。送信元は判明しているというが、明言は避けた。

 再発防止に向けてサーバーや従業員のパソコンを新しいものに入れ替え。ネットワーク再構築でサイバー攻撃の監視を強化し、システムセキュリティーの責任者も設置するなど安全管理体制を大きく見直した。

 コインチェックはネム保有者約26万人に約460億円を補償する。詳細は来週、ホームページで公表する。停止していた他の仮想通貨の引き出しや大半の取引も、順次再開していく。

 和田社長は今回の問題を招いたことに対し「多大なご迷惑とご心配をおかけしたことを深くおわびする」と陳謝。事業は継続する方向だが、和田社長は経営責任に関して「(辞任も含めて)検討している」と述べた。