微信の月間ユーザー数、初めて10億人突破

 全国人民代表大会(全人代=国会)の代表である騰訊(テンセント)の馬化騰・董事会主席は5日、北京市の人民大会堂で記者の取材に応じ、今年の春節(旧正月)に同社の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の月間アクティブユーザー数が初めて10億人の大台に乗ったことを明らかにした。

 馬氏は「騰訊は20年前は従業員5人の小さな企業だったが、現在は従業員4万人以上、時価総額5000億ドル(約53兆円)以上の企業となった。(本社を置く)深セン市も改革開放前は小さな漁村だったが、今や国際化された大都市になった」と語った。(中国新聞社)