化学肥料の使用減少、計画繰り上げで達成

 韓長賦農業相は5日、北京市の人民大会堂で記者からの質問に対し、2017年に中国の化学肥料使用量は減少し、第13次5カ年計画(2016~20年)の「化学肥料・農薬の使用量を増やさない」目標を3年繰り上げて達成したと語った。韓氏は、化学肥料が増産において重要な役割を果たしたことは認めながらも化学肥料だけに依拠したわけではないとして、「農業部門は今後、環境に優しい農業の発展を推進していく」と強調した。(中国新聞社)