商務相、貿易の新たなイメージ構築

 中国新聞社によると、鍾山商務相は5日、全国「両会」(全国人民代表大会・全国政協会議)の「部長通路」(各省の大臣が通りがかりに応じるメディア取材)に応じ、「2017年の中国の対外貿易は安定の中で前進し、予想を上回った。貿易強国の建設を推進し、『中国の質』や『中国ブランド』といった対外貿易における新たなイメージをつくり上げていく」と表明した。鍾商務相は「(同年の)対外貿易の輸出入額は前年比14.2%増で、伸びはこの6年間で最高。質についてみると、ハイテク・高品質・高付加価値製品の輸出の割合が増加し、市場シェアが拡大した」と述べた。(RP=東京)