「輸出に大損害」と懸念 ブラジル、米国輸入制限で

鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に関する文書に署名後、掲げるトランプ米大統領。周囲にいるのは鉄鋼とアルミの業界関係者=8日、ワシントンのホワイトハウス(UPI=共同)
鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に関する文書に署名後、掲げるトランプ米大統領。周囲にいるのは鉄鋼とアルミの業界関係者=8日、ワシントンのホワイトハウス(UPI=共同)【拡大】

  • 鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に関する文書に署名後、報道陣に示すトランプ米大統領=8日、ワシントンのホワイトハウス(ロイター)

 トランプ米政権が8日、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を正式決定したことについて、ブラジル外務省などは「ブラジルの輸出に大損害を与え、2国間貿易や投資にマイナスとなる措置であり、非常に懸念している」との声明を出した。

 ブラジルは鉄鋼製品が多く生産されており、米国は主要な輸出先になっている。(共同)