同性パートナーに祝い金など支給 越前市職員共済会 福井

 福井県越前市職員共済会は市職員の慶弔給付規程を改正し、同性のパートナーの場合にも結婚祝い金や死亡弔慰金を支給することを決めた。市も婚姻や家族の死亡時の特別休暇取得に同性パートナーを含めるよう規則を改正する方針。いずれも4月1日から施行する。

 同性のパートナーを認知する動きが広がっており、性の多様性を認め差別のない公正な職場づくりを目指す。同性パートナーとの生活の実態に合わせ、結婚祝い金(2万円)や死亡弔慰金(10万円)の支給対象にする。市も特別休暇取得で規則の改正を行う。祝い金などの支給や特別休暇を取得する場合、市に申請する。

 市は性的少数者に配慮し、平成29年度の職員採用試験で申込書の性別欄を削除するなどの取り組みを行っている。