【米輸入制限】適用除外、発動までに判断 ムニューシン財務長官

ムニューシン米財務長官(ロイター)
ムニューシン米財務長官(ロイター)【拡大】

 ムニューシン米財務長官は9日、米CNBCテレビで、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限について「カナダとメキシコ以外に適用除外になる国がいくつかあるかもしれない」と述べた。「トランプ大統領が2週間以内に判断する」と話し、23日の輸入制限発動までに決まるとの見通しを示した。

 トランプ氏は8日、鉄鋼に25%、アルミに10%の関税を課す輸入制限の発動を決めた。米国と北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を進めるカナダとメキシコは適用外とし、日本を含むその他の同盟国も交渉次第で課税を免除する余地を残した。日本は適用除外を求め、トランプ政権への働き掛けを強めている。

 輸入制限を巡っては、米議会与党の共和党指導部から対象国を絞り込むよう求める声が上がっている。(共同)