【2018春闘】ベア、前年超え相次ぐ (1/2ページ)

平成30年春闘の企業労組回答
平成30年春闘の企業労組回答【拡大】

  • 春闘の集中回答日で、会見する金属労協の高倉明議長。左は野中孝泰副議長=14日午後、東京・日本橋(飯田英男撮影)
  • 各社の春闘回答をホワイトボードに書き出す金属労協の担当者=14日午後、東京・日本橋(飯田英男撮影)
  • 平成30年春闘の会社側の回答について記者会見で説明するトヨタ自動車の上田達郎専務役員=14日午後、愛知県豊田市
  • 春闘の集中回答日で、会見する金属労協の高倉明議長(右)と野中孝泰副議長=14日午後、東京・日本橋(飯田英男撮影)
  • 春闘の集中回答について記者会見する連合の神津里季生会長=14日午後、東京都千代田区
  • 平成30年春闘の回答状況について記者会見する自動車総連の高倉明会長=14日午後、東京都港区

 平成30年春闘は14日、主要企業の集中回答日を迎えた。従業員の基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)は、労働組合の要求に満額回答した日産自動車をはじめ、自動車大手や電機大手のほとんどが、好業績を背景に前年を上回る水準で決着し、5年連続のベア実施に踏み切る。5年目の官製春闘では、安倍晋三首相が求めた「3%賃上げ」に対し月額賃金では達していない企業が多いが、トヨタ自動車は各種手当ての拡充なども含め、月額3・33%の昇給を決めた。

 自動車と並ぶ春闘相場の牽引(けんいん)役である電機大手のベアは前年を500円上回る1500円で決着。隔年交渉の鉄鋼大手は今後2年間のベアをまとめて交渉し、新日鉄住金、JFEスチールが月額計3千円とすることを決めた。28年の前回春闘を500円上回る。

 一時金も満額や増額が相次いだ。これにより、JFEスチールは月額の賃上げでは3%に届かないが、年収ベースでは約10%増。日立製作所やホンダなども年収ベースでは3%を超えた。