夢のユーチューバー生活、上位3%以外は“貧困層” フォロワー50万人でも「スタバでバイト」

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 あなたの子供が動画投稿で広告収入を得る「ユーチューバー」として成功するのを夢見ているなら、その野望はさっさと打ち砕いてしまうことだ。

 ドイツにある応用科学オッフェンブルク大学のマティアス・ベアトル教授が実施した調査によると、スターになれるのはほんの一握りにすぎない。ユーチューバーを目指す者のうち96.5%は、米国の貧困水準を上回る広告収入さえ稼げないという。

 同教授がブルームバーグ・ニュース向けに分析したところでは、視聴回数が最も多いチャンネルで上位3%入りすれば広告収入は1年で約1万6800ドル(約180万円)入る可能性がある。しかし、米連邦貧困水準が単身者に定める1万2140ドルを幾分上回る程度にすぎない(2人構成の世帯の貧困水準は1万6460ドル)。この調査で常に上位3%の視聴回数は月140万件超だった。

 ノースカロライナ大学チャペルヒル校のアリス・マーウィック准教授は「テレビネットワーク番組でシリーズのレギュラーを務めているなら、いい金額を稼げるだろうが、ユーチューブだと50万人のフォロワーがいても、スターバックスで相変わらず働いている状況もあり得る」と話した。英国では昨年の調査で、6~17歳の子供の3人に1人が将来なりたい職業にユーチューバーを挙げた。同国の年次ユーチューブ会議「サマー・イン・ザ・シティー」を創設したトム・バーンズ氏も、いとこがユーチューバーになるため、大学に進学しないつもりだったと指摘。それを聞いた際、「『ばかげているにもほどがある』と、ほとんど切れそうになった」と述べ、「仕事としてできる保証はない」と付け加えた。(ブルームバーグ Chris Stokel-Walker)