韓国のパスポート、世界ランク3位の実力 「口コミ」がカギ握る外国人誘致 (1/3ページ)

 昨年1年間に海外に出掛けた韓国人の数は延べ5344万人で、この国の総人口(5100万人)を上回った。2013年に初めて3千万人を突破して以来、急増傾向が続く。国民の海外旅行への旺盛な意欲を示すものだが、韓国の国際信用度が上がり、ビザなしで行ける国の数を比較した世界のパスポートランキングで3位になったことも背景にあるかもしれない。パスポート1枚でほとんどの国に行けるのだから。一方で訪韓外国人客は減少する。ならば、韓国が魅力的な観光地であることを国民に呼びかけ、国内旅行を促してはどうか。これだけ海外に出掛ける国民が多いのだから、口コミで外国人にも韓国の魅力が伝わるかも。

 総人口を上回る韓国人が海外に渡航

 韓国法務部が1月24日発表した昨年の出入国者数に関する統計資料によると、海外に出掛けた韓国人の数は5344万人で前年比17.9%増加したという。海外旅行者増加などの影響で年間出国者数は2013年に初めて3千万人を突破。16年は4千万人、昨年は5千万人を超え、急増傾向にあるとしている。聯合ニュース(日本語電子版)など韓国メディアが報じた。

 その一方で外国人入国者数は大幅に減少し、前年比22.2%減の2696万人だった。外国人入国者数は12年に初めて2千万人を、16年には3400万人を超えたが、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に反発する中国政府の報復措置の影響から中国人入国者が減少し、15年(2726万人)の水準まで落ち込んだ。

 THAAD禍で外国人観光客の減少傾向はあらかじめ予想されたことだが、海外に出掛ける韓国人の数は想定以上のスピードで増えているのかもしれない。なにせ、5100万人というこの国の総人口を上回る韓国人が出国しているのである。

ビザなしで178カ国に行ける