台湾、日本統治時代の建造物保存 政府予算での修復も決定 (1/2ページ)

「将軍府」の名称で花蓮市内に保存されている旧日本軍官舎=花蓮(共同)
「将軍府」の名称で花蓮市内に保存されている旧日本軍官舎=花蓮(共同)【拡大】

 台湾で日本統治時代の歴史的建造物を保存する取り組みが活発化している。2016年発足した民主進歩党(民進党)政権も支援。日本時代も含め、自分たちの歴史を大切にしようとする台湾人アイデンティティーの深まりが背景にある。

 西部・雲林県。郊外の雑木林の中に朽ちた家屋が見える。同県が修復を計画している、旧日本軍官舎だ。「貴重な歴史的建造物を壊したらもったいない」と保存を決めた。同県では既に郡役所など日本時代の施設が保存されている。

 東部の花蓮市には日本式の住宅が立ち並ぶ小路がある。旧日本軍が使用していた官舎で、04年ごろ保存運動が起き、修復された。向かいにある軍幹部住宅は劣化が激しく17年12月、政府予算での修復が決まった。一帯は「将軍府」と呼ばれる観光地だ。

 民進党・蔡英文政権の発足直後、文化部(文化省)は地方の保存活動を支援する「歴史現場再生」プロジェクトを立ち上げた。日本時代だけでなく清朝や戦後の建造物も対象だが、結果的に開発が大きく進んだ日本時代が多い。台湾の全22直轄市・市・県のうち少なくとも12で日本時代の建造物が対象に入る。

日本の建造物がこれほど保存されているのは台湾だけ