河南、ルクセンブルクとの協力強化

 河南省鄭州市でこのほど、「中国・ルクセンブルク空中シルクロード経済貿易協力会」が開かれた。第12回中国国際投資貿易商談会において開催されたもので、両国をはじめとする関係諸国の企業、地方行政機関が意見交換を行った。河南省の何金平副省長は「鄭州は中国大陸の中心に位置し、ルクセンブルクは欧州の中心で、両者の間には成熟した航空輸送体制がある。協力分野を拡大することを希望する」と述べた。ルクセンブルクの駐中大使は「河南との協力による交通ターミナル戦略は両者の航空物流の発展速度を速めるだろう」との期待を示した。(中国新聞社)