NY株反発、346ドル高 ナスダックは最高値更新

 6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅反発して前日比346・41ドル高の2万5146・39ドルとなり、2万5000ドルの大台を回復して取引を終えた。終値は約3カ月ぶりの高値水準で、上げ幅も約2カ月ぶりの大きさ。貿易摩擦への懸念がやや後退し、買い注文が広がった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は51・38ポイント高の7689・24と3日連続で最高値を更新した。

 米経済政策の司令塔を務めるクドロー国家経済会議(NEC)委員長が6日、トランプ米大統領が通商問題を抱えるカナダやフランスの首脳と会談を予定しているなどと明らかにすると、投資家の不安がやや和らいだ。(共同)