中国ネット企業に賭ける ドラッケンミラー氏が株式取得


【拡大】

 資産家で投資家のスタンリー・ドラッケンミラー氏は今年1~3月期にアリババグループなど中国のインターネット企業の株式を取得し、ハイテク銘柄のポジションを増やした一方、米フェイスブック株は売却したことが届け出で明らかになった。

 それによると、同氏のデュケーヌ・ファミリーオフィスは3月末時点でアリババ株1億2070万ドル(約113億円)相当を保有。北京の教育サービス会社TALエデュケーション・グループとネット小売りの唯品会(ビップショップ・ホールディングス)の株式も買い入れ、中国のJDドットコム(京東)と米アマゾン・コムは積み増した。

 ジョージ・ソロス氏の下で資金運用を担当していたドラッケンミラー氏は、自身のヘッジファンドを2010年にファミリーオフィスに転換。今年3月末時点で開示済みの株式ポートフォリオの43%がハイテク、26%が一般消費財の銘柄。(ブルームバーグ Simone Foxman)