中国の物価1・8%上昇 5月、政府目標下回る

 中国国家統計局は9日、5月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比で1・8%上昇したと発表した。伸び率は4月と同じで、政府が掲げている通年目標の「3・0%前後」を引き続き大きく下回った。経済成長の鈍化傾向を反映している可能性がある。

 分野別に見ると、物価全体に与える影響が大きい豚肉の価格が16・7%下落し、牛肉などを合わせた畜肉類全体でもマイナスとなった。果物や食用油も値下がりした。(共同)