【今週の予定】〈11-17日〉米朝首脳会談/ゲーム見本市/サッカーW杯開幕ほか (1/2ページ)

トランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(AP)
トランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(AP)【拡大】

 <焦点>

 ▼12日 史上初の米朝首脳会談

 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による史上初の米朝首脳会談が12日にシンガポールで開催される。最大の焦点は、北朝鮮の非核化問題。トランプ氏は従来の「最大限の圧力」といった言葉を封印し、米朝首脳会談に先立つ安倍晋三首相との日米首脳会談後の会見では、朝鮮戦争の終結宣言について何らかの合意に達する可能性にも言及した。ただ、北朝鮮側は非核化の見返りとしての体制保証や制裁解除を狙うなど、両首脳の間での駆け引きも予想される。日本政府は日本人拉致問題も議題にするよう米側に要請しているが、どこまで議論となるかは不透明だ。

 ▼11日 4月の機械受注が発表

 民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額は、3月は前月比3・9%減の8566億円で、3カ月ぶりにマイナスだった。

 ▼12日 4~6月期法人企業景気予測調査が発表

 財務省と内閣府が発表。1~3月期予測調査の大企業全産業の景況判断指数(BSI)はプラス3・3と、3四半期連続で上昇だった。

 ▼12日 米ロサンゼルスでゲーム見本市開幕(14日まで)

 Electronic Entertainment Expo(略称E3)は世界最大のコンピューターゲーム関連の見本市。

 ▼14日 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕

 11都市12会場を舞台に64試合が行われる。日本代表は19日に1次リーグでコロンビアとの初戦を迎える。

 ▼14、15日 日銀金融政策決定会合

 物価動向などを点検するが、現行の大掛かりな景気刺激策は維持される見通し。決定会合後に黒田東彦総裁が記者会見する。

【11日、月】

 <国内予定>

 ▽8:50 機械受注(4月、内閣府)

 ▽8:50 マネーストック(5月、日銀)

 ▽中西宏明経団連会長会見(経団連会館)

 <海外予定>

 ▽情報通信技術見本市「CeBIT2018」(ドイツ・ハノーバー、15日まで)

続きを読む