IR法案 13日の内閣委で採決

 衆院内閣委員会は12日午前の理事懇談会で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案について、13日の同委で採決することを山際大志郎委員長(自民党)の職権で決めた。野党は「質疑が十分に深まっていない」と反発しており、山際委員長の解任決議案を提出するなどして抵抗する構えだ。