独国民、ドラギ氏って誰? クーレECB理事が講演で指摘

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁(AP)
欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁(AP)【拡大】

 欧州中央銀行(ECB)の政策に対するドイツ人の不満はよく伝えられているかもしれない。半面、独国民の多くがECBを誰が率いているのか実際には分かっていない。

 クーレECB理事はストックホルムで5月第4週に開かれた会議で講演し、欧州有権者の金融リテラシーは限定的だと説明。ECBの本部があり総裁も駐在しているユーロ圏最大の経済大国の市民すらECB総裁の名前をあまり知らないことが、これを浮き彫りにしていると指摘した。

 クーレ理事は「ドイツでマリオ・ドラギ氏が誰かということを知っているのは2人に1人だ。これが良いことか悪いことかの判断はお任せするが、事実だ」と述べた。「世界中の金融リテラシーが懸念すべき低水準」であることを示した経済協力開発機構(OECD)による最近の報告書に触れ、中銀ヘの信頼の中核にかかわる問題だと論じた。(ブルームバーグ Zoe Schneeweiss)