米朝首脳、合意文書に署名 トランプ氏「特別な絆」、金氏をホワイトハウスに招待へ (1/2ページ)

合意文書を交換し、握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(ロイター)
合意文書を交換し、握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(ロイター)【拡大】

  • (左から)合意文書に署名する金正恩氏とトランプ氏=12日、シンガポールのカペラホテル(AP)
  • 合意文書の署名に臨む北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(AP)

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日午後、シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルで行った米朝首脳会談の一連の日程を終え、合意文書に署名した。

 署名式でトランプ氏は「金氏と素晴らしい時間を過ごし、関係を築けた。われわれが署名した文書は非常に包括的な文書だ。われわれは、特別な絆を築きたかった。朝鮮半島との関係はまったく違うことになる」と会談の成果を強調した。

 一方、金氏は「歴史的な会談を通じて、過去を払拭し、歴史的な文書に署名する」と述べた。

 さらにトランプ氏は、「金氏はとても良い人だ。頭もいい。優れた交渉者で才能がある。北朝鮮の国を愛していることもよく分かった」とした上で、「これから、金氏とは何回も会う。再びお目にかかりますよ」と再会を約束した。

 トランプ氏は、金氏を米ワシントンのホワイトハウスに招待する考えも示した。

 AP通信が伝えたところによると、トランプ氏は合意文書に署名した後、「北朝鮮の非核化プロセスは非常に迅速に始まるだろう」と述べた。

続きを読む