17年のクルーズ船寄港、最多2764回

 国土交通省は12日、2017年にクルーズ船が日本に寄港したのは前年比37.0%増の2764回だったと発表した。クルーズ船での訪日客数は27.0%増の253万人で、いずれも過去最多を更新した。

 寄港回数を港別に見ると、博多港(福岡市)が326回で3年連続首位。長崎港(長崎市)267回、那覇港(那覇市)224回と続いた。

 このうち海外の船会社が運航するクルーズ船に限ると寄港回数は2013回で、全体の7割以上を占めた。日本を発着するクルーズが増えたことが影響した。

 日本の船会社による運航は751回。昨年10月に、せとうちクルーズ(広島県尾道市)の豪華客船「ガンツウ」が就航したことなどで、前年よりも増えた。