若手育成や資金力の強化を 18年版科学技術白書 国際的地位低下指摘

 政府は12日、2018年版の科学技術白書を閣議決定した。他国と比べた論文の数や質で、日本の国際的な地位が低下していると指摘。若手研究者の育成や研究資金など、技術革新を支える「基盤的な力」を強化することが必要だと訴えた。

 白書では、発表された論文や、他の研究に多く引用される質の高い論文の数について国際順位を比較。03~05年と13~15年では、全体の数が2位から4位に、質は4位から9位に転落。いずれも中国に抜かれた。

 またノーベル賞を受賞した研究は世界的に主に30代の成果で、若手研究者が重要と分析。だが修士課程から博士課程に進学する人は年々減少しており、現状は「危機的」とした。そのため政府には若手が活躍できる環境の整備、産業界には博士課程出身者を積極的に雇用することを求めた。

 研究資金は一定規模を保っているが横ばいが続き、米中との差は拡大。特に大学側から安定した資金として配分される「基盤的研究費」は、国立大などでは00年と13年を比べると2割減少した。研究費の改革に加え、大学も企業からの資金や寄付金など財源の多様化を進めるべきだとした。