自民、公明両幹事長 IR実施法案など重要法案の会期内成立を目指すことを確認

自民党の二階俊博幹事長(春名中撮影)
自民党の二階俊博幹事長(春名中撮影)【拡大】

 自民党の二階俊博幹事長と公明党の井上義久幹事長らは13日午前、東京都内で会談し、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案などの重要法案について、今国会の会期内(6月20日まで)での成立を目指す方針を確認した。また、会期延長は参議院の審議状況を見て判断するとした。

 同席した自民党の森山裕国対委員長は、記者団に対し「国民生活に大変大事な法案もまだ抱えている。今国会内の限られた期間内に成立を目指すことが大事だ、ということを確認した」と述べた。