ZTEへの制裁再開目指す 米上院議員、法案修正案を提出

 米上院は中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)への制裁措置を復活させる法案を前進させる計画だ。

 トランプ米大統領はZTEの業務再開を認めるため規制を緩和し、厳しい批判を招いている。

 上院は2019会計年度(18年10月~19年9月)の国防権限法(NDAA)案の審議開始をめぐり11日採決。上院議員らはZTEに対する措置も同法案に盛り込まれていると述べた。

 ルビオ上院議員(共和、フロリダ州)はツイッター投稿で「素晴らしいニュースだ。超党派の修正案ではZTEへの制裁再開がNDAA法案に盛り込まれている。上院は今晩、同法案を前進させる」とコメントした。

 修正案はルビオ議員とバンホーレン上院議員(民主、メリーランド州)、コットン上院議員(共和、アーカンソー州)が共同で提出した。(ブルームバーグ Roxana Tiron、Jenny Leonard)