W杯 ブラジル優勝を予想 ゴールドマン、シミュレーション100万回

 サッカーの結果ほど予想が難しいものはあまりない。ゴールドマン・サックス・グループはロシアで14日開幕するサッカーワールドカップ(W杯)ではブラジルが優勝すると予想した。ゴールドマンによると、データマイニングや機械学習、計量経済学を駆使してこれに挑んだという。

 ゴールドマンは20万の統計モデルや、個々の選手に関するデータ、最近のチーム成績を活用し、W杯について100万回のシミュレーションを実施。その結果、7月15日の決勝戦ではブラジルが6度目の優勝を遂げるとの予測をはじき出した。

 ゴールドマンは2014年のブラジルW杯でもブラジル優勝を予想。実際には準決勝でブラジルはドイツに1対7と大敗し、ドイツが優勝をさらった。

 他のエコノミストが編み出した予測モデルでも、ブラジルとドイツが優勝国に挙げられることが多い。デンマークの最大手行、ダンスケ銀行も優勝はブラジルと予想した。独コメルツ銀行はドイツとしているが、ゴールドマンのモデルによると、ドイツはブラジルと対戦し、ブラジルが前回の雪辱を果たす見通しだ。(ブルームバーグ Fergal O’Brien)