ウェルズ・ファーゴも禁止 自行カードでの仮想通貨購入

 米銀ウェルズ・ファーゴは11日、自行のクレジットカードを利用して仮想通貨を購入することを禁じると発表した。

 ウェルズの広報担当、シェリー・ミラー氏は、電子メールで配布した発表資料で、同行が仮想通貨の購入を当面禁じる一方、「市場が変化する中でこの問題の評価を継続する」と指摘した。

 ウェルズ・ファーゴに先立ち、シティグループとJPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ(BOA)は今年2月の段階で、相場変動の激しさと信用リスクを理由に挙げ、自行クレジットカードを使ったビットコインなど仮想通貨の購入の制限に動いた。

 借り手が仮想通貨への投資に失敗し、利用額を返済できなくなった場合、貸し手がリスクを負う事態を銀行は懸念している。(ブルームバーグ Hannah Levitt、Jenny Surane)