カナダ・ビクトリアが首位 高級不動産市場の番付 米中勢の買い反映

ブリティッシュコロンビア州の州都ビクトリアの都心部(ブルームバーグ)
ブリティッシュコロンビア州の州都ビクトリアの都心部(ブルームバーグ)【拡大】

 カナダ・ブリティッシュコロンビア州の州都ビクトリアが、昨年は世界で最もホットな高級不動産市場だったことが、クリスティーズ・インターナショナル・リアル・エステートの調査で明らかになった。

 クリスティーズの年次報告によると、ビクトリアは最もホットな高級不動産市場の番付「ラグジュアリー・サーモメーター」で首位に躍り出た。中国および米国勢による購入が追い風となった。調査は2016年と17年を米ドル換算で比較し、販売件数や価格、成約までの期間の変化を検証した。「高級」の定義には、購入トレンドや人気度、ライフスタイルの魅力といった要素も含まれる。

 ビクトリアの高級不動産の平均販売価格は昨年末時点で前年比6%増の120万ドル(約1億3000万円)と上昇した。一番の高額物件は900万ドルだった。ただ、平均価格ベースではパリ、米カリフォルニア州オレンジ郡、サンディエゴ、ワシントンに次いで5位にとどまった。一方、販売件数が29%増と最も大きく伸びたほか、買い手を見つけるまでの平均日数も32日で最短となり、クリスティーズがより重視する2つの項目でトップを占めた。ブリティッシュコロンビア州は不動産価格上昇の沈静化を目指し、16年からバンクーバーで外国人による不動産購入に最大20%課税しており、最近になってバンクーバー島の南東端に位置するビクトリアも課税対象とした。

 ビクトリアの高級住宅に対する購入意欲が、そうした措置で損なわれる可能性は低い。バンクーバーやトロントでは販売こそ鈍化したが、価格は下がっておらず、ビクトリアも持ちこたえるとクリスティーズは予想。ニューヨーク市の典型的な高級住宅価格(360万ドル)と比べると、ビクトリアはお買い得だ。

 ちなみに昨年、世界一高額な住宅物件が販売されたのはどこだろうか。想像通りかもしれないが、それは香港だ。売却価格は3億6000万ドルだった。(ブルームバーグ Natalie Obiko Pearson)