「アンドロイドの親」に転機 創業企業が身売り検討、スマホ開発中止

 グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」の生みの親として知られるアンディ・ルービン氏が共同で創業した新興企業エッセンシャル・プロダクツは、身売りを検討しており、新たなスマートフォンの開発を中止した。関係者が明らかにした。

 それによると、エッセンシャルは身売りに関する助言役としてクレディ・スイスを起用し、少なくとも買い手候補1社が関心を寄せている。エッセンシャルはアマゾン・コム、テンセント(騰訊)、レッドポイント・ベンチャーズなどの出資者から約3億ドル(約332億円)を調達。未公開株市場を運営するエクイデートの分析によると、エッセンシャルの価値は1年前に9億~10億ドルと評価された。

 エッセンシャルはまた、昨年発表したスマホ「エッセンシャル・フォン」の製造パートナーである台湾の製造受託大手、鴻海精密工業からも出資を受けている。米スプリントは、エッセンシャルのスマホが発表された際、大規模な販売キャンペーンに着手。関係者によれば、エッセンシャルは最初の製品開発に1億ドル余りを投じたという。

 関係者によると、現時点で協議の中心となっているのは、特許ポートフォリオやハードウエア製品を含む会社全体の売却だ。(ブルームバーグ Mark Gurman、Alex Barinka)