【キャッシュレス革命(1)】顔パスやQRコード決済 レジ待ちなし、働き方一変 (1/3ページ)

スマートフォンをゲートにかざして入店し、商品を持って店外に出れば自動精算される「アマゾン・ゴー」=米シアトル(AP)
スマートフォンをゲートにかざして入店し、商品を持って店外に出れば自動精算される「アマゾン・ゴー」=米シアトル(AP)【拡大】

  • レジに並ばなくても決済できる「スマホペイ」の実証実験

 巨大なコンテナターミナルや高層マンションの建設ラッシュにわく博多湾の人工島「アイランドシティ」(福岡市東区)。地場ディスカウント店大手のトライアルカンパニーが2月に開店した「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」では、見慣れない光景が広がっていた。

 来店客は、バーコードリーダーとタブレット型端末が付いたカートで店内を回る。手にした商品のバーコードをリーダーにかざすと端末に購入商品の名前や金額が逐一表示され、合計金額を確かめながらボタンを押していた。専用プリペイドカードを事前購入してお金をチャージ(入金)していれば、自動決済される仕組みだ。レジに並ぶ必要はなく、最後に店を出る手前でスタッフが正しく決済されたかを確認するくらい。

 「何回かは戸惑ったよ。でもレジに並ばないからスピーディーだし、これからもレジカートしか使わないね」。近くのマンションに住む元会社員の男性(61)はそう言い切った。

 親会社であるトライアルホールディングス(HD)副会長の西川晋二は、導入前に「レジ係の仕事を来店客に肩代わりさせるのか」と批判があったと打ち明ける。だが、顧客の利便性が高まったことで、今や売り上げの4割がこのレジカートによるものだという。

 客はお金を支払うのが目的で店に来ているのではない。レジの行列だけでなく、慣れていないレジ係が商品バーコードのスキャンに手間取ればイライラするし、間違えないよう代金を支払うのも釣り銭を確認するのも決して楽しいことではない。

続きを読む