東証でシステム障害 電文誤送信  大手証券でも売買受注を一時停止  

システムに障害が発生した東京証券取引所=9日午前、東京・日本橋兜町
システムに障害が発生した東京証券取引所=9日午前、東京・日本橋兜町【拡大】

 東京証券取引所は9日、株式売買などのシステムの一部で障害が発生したと発表した。大手証券では顧客からの売買注文を一時停止したほか、予約注文の訂正・取り消し処理が遅れるなどのトラブルが続発。東証を傘下に持つ日本取引所グループ(JPX)は午後に記者会見を開き、横山隆介常務執行役が「投資家に多大な影響を及ぼし、おわび申し上げる」と陳謝した。

 障害が発生したのは株式や上場投資信託などの売買注文を受けるシステム。JPXによると、9日午前7時半ごろ、特定の証券会社から通信経路を確認する電文が「短時間に通常の1千倍の量」で誤送信され、東証と証券会社とをつなぐ4回線のうち1回線が使用できなくなったという。

 東証は障害発生後、証券各社に正常な3回線に切り替えるよう通知したが、時間がかかったケースなどが出た。JPXによると、40社弱の証券会社に何らかの影響が生じたとみられ、横山氏は「システムの切り替えで、証券会社との意思疎通が十分できていたか反省点がある」と語った。

 大手証券でもSMBC日興証券が売買受注を一時停止したほか、野村証券も午前11時半から約50分間、受注を見合わせた。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は一部取引を除き午前中の受注を停止。みずほ証券も午前中のインターネット取引を停止し、店頭や電話での対応に限定した。

 9日中にシステムの復旧を終え、10日以降の取引は正常に行われる見通し。