経常黒字1兆8384億円 8月、50カ月連続の黒字

 財務省が9日発表した8月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支は1兆8384億円の黒字だった。50カ月連続の黒字。黒字幅は前年同月に比べ23・4%減少した。

 経常収支のうち、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2193億円の赤字だった。輸出は7・6%増の6兆6526億円、輸入は17・5%増の6兆8719億円だった。原油高による輸入額の増加が赤字の主な要因だった。

 貨物輸送や旅行に伴うサービス収支は、61億円の赤字だった。西日本豪雨で訪日外国人旅行者数の伸びが鈍化したことなどが影響した可能性がある。

 海外からの収益動向を示す第1次所得収支の黒字額は、1・8%増の2兆2891億円。海外投資で生じた配当金や債券の利子が増えたことなどが寄与した。