トランプ氏「FRBは利上げ急ぎ過ぎ」 金融政策に再び不満表明

 トランプ米大統領は9日、ホワイトハウスで記者団に対し、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを急ぎ過ぎていると指摘し、インフレは問題になっていないとの見解を示した。景気過熱の回避を意図した連邦準備制度の利上げについて「私は気に入らない」「そう急ぐ必要はないと思う」「私は低金利が好きだ」などと述べた。

 パウエルFRB議長は、史上2番目に長い米景気拡大期をさらに引き延ばすため、成長を妨げることがないペースで、過熱を阻むための利上げを進めている。同議長は先週、経済へのリスクを注視しながら緩やかな利上げの軌道を維持する考えを示した。

 トランプ氏は、連邦公開市場委員会(FOMC)が9月に今年3度目の利上げを決め、主要政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.25%引き上げて2~2.25%とした後も不満を表明していた。(ブルームバーグ Toluse Olorunnipa)