「情報銀行」来年3月に認定1号 個人と企業間でのデータ売買、活性化の促進ねらう (2/2ページ)


【拡大】

 だが、認定を受けていない事業者が個人情報の悪用や流用をすれば情報銀行のイメージが悪化、社会的な信頼を損なう懸念がある。総務省の担当者は「指針は随時見直す方針だが、将来は法規制の議論もあり得る」と明かす。

 情報銀行を通じて集積した大量の個人情報を企業がビッグデータとして分析すれば、新たなサービスの創出などが期待される。三菱UFJ信託銀行や電通、日立製作所などが来年にも事業に参入する予定だ。

 ■情報銀行の認定基準の主なポイント

 ・経営面の要件

  直近数年で支払い不能や債務超過に陥っていない

 ・情報セキュリティー基準

  個人情報の取り扱いでプライバシーマークなどの認証を取得

 ・ガバナンス体制

  第三者によるデータ利用のチェック機関「データ倫理審査会」の設置

 ・利用者がコントロールできる機能

  情報提供の履歴などを閲覧できる操作が容易な手段の提供