住宅購入後の値下げに怒り 中国不動産市場の減速反映、各地で抗議 (1/2ページ)

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 せっかく持ち家を手に入れたのに同様の物件が購入額よりずっと安く売りに出されていることを知った人々が怒りをあらわにしている。中国では国慶節(建国記念日)の連休中に不動産会社の販売センターに大勢が押し寄せ、返金を求めて抗議する光景が各地で見られた。

 碧桂園(カントリー・ガーデン・ホールディングス)が江西省上饒に置くマンション販売センター「信州府銷售中心」には4日、抗議する人々が殺到。その様子が写真や動画に収められ、ソーシャルメディアで広がった。投石で窓ガラスが割られるなどし、同社が1年前より30%ほど安い値段で物件を売り出していることに人々は憤りを隠さない。

 碧桂園の上海でのプロジェクト「海湾1号」でも同じような抗議活動が発生。ここでの住宅価格は2カ月前と比べ最大25%値下がりした。福建省●州では融信中国のプロジェクトをめぐり販売拠点近くで人々が「悪徳不動産会社」との横断幕を掲げ抗議した。(●=さんずいに章)

 こうした騒ぎは中国の不動産市場が減速し始めている新たな兆しだ。債務に苦しむ不動産会社が売れ残り住宅を減らすため、高級車を無料で提供したり、大幅値引きしたりし、あの手この手で売上高を押し上げようとしている。

続きを読む