仮想通貨業界は「内部崩壊」、英調査会社が警告 取引激減、急速に市場縮小

ビットコインを象徴したデザインのコイン。仮想通貨の取引件数が急減している(ブルームバーグ)
ビットコインを象徴したデザインのコイン。仮想通貨の取引件数が急減している(ブルームバーグ)【拡大】

 英調査会社のジュニパーリサーチは、仮想通貨業界をめぐる多くの指標は市場の内部崩壊を示唆していると警告した。

 ジュニパーの調査によると、規模最大の仮想通貨であるビットコインの1日当たり平均取引件数は、2017年終盤の約36万件から今年9月には23万件程度に急減。同期間に取引額は37億ドル(約4170億円)強から6億7000万ドル弱へと大きく落ち込んだ。

 市場全体も同様に急速に縮小している。仮想通貨全体の取引額は17年通年で1兆7000億ドル弱だったのが、18年1~3月期だけで1兆4000億ドルをやや上回る水準に達した。だが4~6月期には取引額が75%減少し、仮想通貨全体の時価総額は3550億ドルを割り込んだ。

 ジュニパーはリポートで「7月初めから8月半ばまでの取引活動に基づき、7~9月期の仮想通貨取引額が前期比でさらに47%減少した」との見積もりを示した。

 米中の貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる混乱といった、従来の金融システムに代わる仮想通貨の利点が注目されそうな状況でも、相場は上昇しなかったと指摘。「ビットコイン固有のバリュエーションと、多くの交換業者による業務慣行をめぐる懸念を踏まえると、手短に言って業界は内部崩壊の瀬戸際にあるとの感触を得ている」と結論づけた。(ブルームバーグ Olga Kharif)