【マーケット トレンド】長期金利 新発10年債、0.1%付近か

 債券市場は、長期金利の指標となる新発10年国債の利回りが0.1%付近で推移しそうだ。前週は、東京株が上下に大きく振れる展開が続き、国債相場は株価にらみの取引となった。日銀が国債買い入れ方法を見直し、金利上昇への警戒感が強まったことは相場の重しになった。今週は、米国の中間選挙など海外に注目材料が多い。米国の景気や金利の見通しが変化して米長期金利が大きく動けば、日本国債にも影響が波及しそうだ。