【今週の予定】〈5-11日〉米中間選挙/KYB・トヨタが中間決算/東芝が事業計画ほか (1/2ページ)

10月27日、米インディアナ州で開かれた農業団体の集会で演説するトランプ米大統領(ロイター)
10月27日、米インディアナ州で開かれた農業団体の集会で演説するトランプ米大統領(ロイター)【拡大】

 <焦点> ▼6日、米中間選挙 6日、「米国第一」主義を掲げるトランプ政権への審判となる中間選挙が行われる。米中間選挙は、4年に1度の大統領選の中間年に、全米で実施される連邦議会上下両院選や州知事選などの総称。人口に関係なく各州から2人ずつ選ばれる上院(定数100、任期6年)は約3分の1、各州に人口比で議員数が割り当てられる下院(定数435、任期2年)は全員改選。現職大統領の政策に国民が審判を下す場と位置付けられるが、政権運営を批判される与党が敗北することが多い。現在は共和党が上下両院で多数派となっている。与党共和党への支持拡大に向け、トランプ氏は投票日前日の5日まで激戦州を中心に遊説し、歴史的勝利を狙う。

 ▼5~10日、上海で中国国際輸入博覧会

 日本の約450社を含む約3000社が中国に輸出したい商品を展示する。中国は米国との貿易摩擦が激化する中、市場開放をアピールしたい考え。

 ▼6日、KYBが9月中間連結決算を発表

 免震・制振装置の検査データ改竄(かいざん)が発覚したのを受け、中間決算では交換などの関連費用で数百億円の特別損失を計上するとの見方がある。

 ▼6日、トヨタ自動車が2018年9月中間連結決算を発表

 4~6月期の最終利益は過去最高だったが、米国が輸入される自動車と部品に高関税を課すことを検討する中、先行きは不透明感を増している。

 ▼8日、東芝が今後5年間の事業計画「Nextプラン」発表

 半導体子会社の売却で辛うじて経営破綻を回避した同社だが、残った事業の収益力はいずれも低く、「稼ぐ力」の育成が最大の課題となる。

【11月5日、月】

 <国内予定>

 ▽8:50 日銀金融政策決定会合の議事要旨(9月18、19日分)

 ▽10:00 日銀の黒田総裁、金融経済懇談会であいさつ(名古屋市内)

 ▽13:10 同記者会見

 ▽日銀、国債買い入れオペ、残存25年超、残存10~25年

 ▽ホンダ八郷社長が九州大学で講演(福岡市)

 <国内決算>

 ▽スバル、清水建、ソフトバンク、サントリーBF

 <海外予定>

 ▽米が対イラン制裁第2弾を発動

 ▽中国国際輸入博覧会(CIIE2018)(上海、10日まで)、習近平国家主席が演説

 <海外経済指標>

 ▽米 ISM非製造業景況指数(10月)

 ▽中国 財新コンポジットPMI(10月)、財新サービス業PMI(10月)

【11月6日、火】

 <国内予定>

 ▽財務省、10年物価連動国債入札

 ▽12:00 MGMリゾーツのムーレン会長兼CEOが世界経営者会議で講演

 ▽14:00 JR東日本の深沢社長の定例会見(都内)

 ▽新規株式公開=アクセスグループ・ホールディングスがジャスダックに上場(公開価格1340円)

 <国内経済指標>

 ▽8:30 家計調査(9月)

 <国内決算>

 ▽トヨタ、KYB、ダイキン工、キリンHD、オリンパス、NTT、島津製、クボタ、ドンキHD、三菱自

 <海外予定>

 ▽米中間選挙

 <海外経済指標>

 ▽米 求人件数(9月)

 ▽ユーロ圏 サービス業PMI(10月、改定値)

 ▽ユーロ圏 総合PMI(10月、改定値)

 ▽ユーロ圏 PPI(9月)

【11月7日、水】

 <国内予定>

 ▽10:30 日銀の布野審議委員、講演(高知市内)

 ▽14:00 同記者会見

 ▽11:20 資生堂の魚谷社長が世界経営者会議で講演

 ▽13:30 ファナックの稲葉会長が世界経営者会議で講演

 <国内経済指標>

 ▽9:00 毎月勤労統計(9月)

 ▽14:00 景気動向指数(9月確報)

 <国内決算>

 ▽JXTG、日清食HD、味の素、ミネベアミツミ、富士フイルム、三菱地所、国際帝石、明治HD

 <海外予定>

 ▽米FOMC(8日まで)

 <海外経済指標>

 ▽米 消費者信用残高(9月)

 ▽ユーロ圏 小売売上高(9月)

 ▽中国 外貨準備高(10月)

 <海外決算>

 ▽独=BMW

 ▽米=21世紀フォックス、クアルコム

続きを読む