経常黒字1.81兆円に増加 中国7~9月期 輸出が堅調

 中国国家外為管理局が5日発表した2018年7~9月期の経常黒字は160億ドル(約1兆8100億円)に増加した。貿易摩擦による逆風の中で輸出が持ちこたえた。1~3月期が経常赤字だったため、1~9月期の経常収支は128億ドルの赤字となった。見込まれる追加関税賦課に先立ち輸出企業が出荷の前倒しを急いだことから、7~9月期の物品貿易は堅調な伸びとなった。

 ただ、シティグループは最近のリポートで、「過去10年間の経常黒字は下向きのトレンドで、経常黒字は今年事実上なくなると予測している。金融の安定性と人民元に関する見方および資本勘定開放に向けた政策アプローチに影響するのは不可避だ」と指摘した。(ブルームバーグ Yinan Zhao)