都心5区のオフィスビル空室率2.20%

 オフィス仲介大手の三鬼商事(東京都中央区)が8日発表した東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)にあるオフィスビルの10月時点の平均空室率は2.20%で、前月比0.13ポイントの低下となった。完成後1年未満のビルで成約が進んだのに加え、既存ビルで大型成約の動きが顕在化した点が主な要因。平均賃料は0.78%増の2万597円で58カ月連続の上昇となった。

 都心5区では2020年にかけて大型ビルの大量供給が続く見通し。これによる市況への影響を懸念する見方もあったが、企業の間では好業績に伴ってオフィス拡張需要が強く、事業継続計画(BCP)やセキュリティー対策といった複合要因が、市況を支えている。

 三菱地所の片山浩取締役は「当面のマーケットは順調に推移していく」と予測している。