5G対応iPhone、20年まで先送り ライバルは19年前半 (1/2ページ)

 米アップルが2019年にサービスが始まる次世代高速通信、第5世代(5G)ネットワークに対応する新型「iPhone(アイフォーン)」の発表を少なくとも2020年まで先送りすることが分かった。

 米ベライゾンと韓国のサムスン電子は3日、19年前半に5Gスマートフォンを市場に投入すると発表。アップルが5G対応機器の投入を遅らせる間に、ライバル企業が顧客獲得で優位に立つ可能性がある。

 関係者によると、アップルは3Gと4Gが導入されたときと同様、5Gもサービス開始から1年程度は時間を空け、その後対応する主力製品を投入する見通しだという。

 アップルはこれまで、新ネットワークに対応して競合他社がいち早く売り出すスマートフォンはサービス範囲などをめぐり問題が発生しがちなため、消費者は新製品にあまり飛び付かないと想定してきた。同社の予想は的中したが、5Gの場合は通信速度が飛躍的に向上することから、様子見という決断はリスクとなる可能性がある。

 アップルが先送りを決断した要因として、米半導体大手クアルコムとの確執が考えられる。両社の争いのため次期アイフォーンに搭載されるモデムチップはインテル製に変更されたが、インテル製の5G対応モデムの開発が19年のアイフォーンに間に合わないとみられている。

続きを読む