アメリカ、中国封じ込めに躍起 ファーウェイCFO逮捕、ハイテク覇権の火種拡大 (1/3ページ)

華為技術の孟晩舟CFOのプロフィルを表示している同社のノートパソコン=6日、北京市内にある同社の販売拠点(AP)
華為技術の孟晩舟CFOのプロフィルを表示している同社のノートパソコン=6日、北京市内にある同社の販売拠点(AP)【拡大】

 カナダ司法省は5日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)兼副会長を米国のイラン制裁に違反した疑いで逮捕したと発表した。中国側は猛反発しており、重要な局面にある米中通商協議が一段と複雑になる可能性がある。また、次世代通信規格「5G」技術の世界的リーダーである同社幹部の逮捕は、ハイテク分野をめぐる覇権争いの側面もあり、米中間の新たな火種となりそうだ。

 イラン制裁違反疑い

 同CFOは華為の創業者、任正非氏の娘。1日にバンクーバーで身柄を拘束されたという。加司法省は米国から同CFOの身柄引き渡しを求められていると説明した上で、同CFOの要請を受けた裁判所の公表禁止命令を理由に、詳細は明らかにしなかった。米司法省は、米国のイラン制裁に違反した疑いがあるとして、華為の取引を捜査していた。

 華為は6日、同CFOの容疑についてほとんど情報を提供されておらず、同CFOによる不正行為を認識していないと説明した。

 中国政府は、在カナダ中国大使館を通し、同CFOの逮捕は人権侵害だとして抗議し、釈放を求めた。中国外務省の耿爽報道官も6日の記者会見で、米国とカナダに抗議し、「華為幹部の釈放を要求した」と述べた。

続きを読む