NYに新たに証券取引所 金融9社、割安手数料で

 米モルガン・スタンレーや米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチなど金融関連9社で構成するグループは7日、ニューヨークを拠点に、新たな証券取引所を開くことで合意したと発表した。手数料を抑え、ニューヨーク証券取引所やナスダックに対抗する。

 新取引所の名称は「MEMX」。9社には米大手資産運用フィデリティ・インベストメンツや、スイス金融大手UBSが含まれる。

 米証券取引委員会(SEC)に近く申請する。手続きに1年程度かかるため、MEMXで取引が始まるのは2020年ごろになる見通しだ。

 金融9社のグループは7日の声明で「MEMXの使命は競争の促進や、業務の透明性向上、固定費の削減、取引の簡素化だ」と述べた。(共同)