仏ロクシタン、9億ドルで英エレミス買収

ロクシタン・インターナショナルのレイノルド・ガイガーCEO(ブルームバーグ)
ロクシタン・インターナショナルのレイノルド・ガイガーCEO(ブルームバーグ)【拡大】

 仏高級化粧品メーカーのロクシタン・インターナショナルが、英高級スキンケアブランド、エレミスを9億ドル(約987億7500万円)で買収すると発表した。米国や英国でオーガニック化粧品の販売拡大を目指すロクシタンにとって、過去最大の買収案件となる。

 香港証券取引所に上場するロクシタンは、未公開株式投資会社、Lキャタルトンが所有するスキンケア・スパ経営の米スタイナー・レジャーからエレミスを買収することで合意。アジアでは自然派化粧品の需要が伸びており、世界最大手の仏ロレアルなど、化粧品各社は高級スキンケアブランドの買収を積極的に進めている。

 ロクシタンはエレミスを新市場に投入する計画で、今回の買収により同社の世界的な成長が後押しされるだろうと述べた。エレミス製品はミレニアル世代やX世代(米国における1960~70年代生まれ)の消費者に人気がある。

 ブルームバーグ・インテリジェンスによると、エレミスの買収により、ロクシタンは17億ユーロ(約2136億円)の売り上げ目標を2年以内に達成しそうだ。欧州での売り上げが減速する中、成長を牽引(けんいん)する中国や香港、米国で限定商品を売り出す可能性もあるという。

 ロクシタンのレイノルド・ガイガー最高経営責任者(CEO)は「高級化粧品ブランドから成る一流のポートフォリオを構築する上で、当社にとって大きな一歩となる。エレミスは世界的な成長維持に向けて、好位置にいる」と述べた。

 今回の取引は化粧品業界で、ブラジルのナチュラ・コスメティコスが2017年にロレアルから約10億ユーロで英化粧品チェーン、ザ・ボディ・ショップを買収した案件に次ぐ規模だ。英蘭系消費財メーカーのユニリーバも同年、韓国最大の化粧品メーカー、カーバー・コリアを22億7000万ユーロで買収している。

 ブルームバーグ・インテリジェンスによれば、アジアの需要に後押しされ、世界の化粧品市場は18年、5%拡大したとみられる。中国本土におけるロクシタンの既存店売上高は18年9月までの3カ月で7.4%増と、世界平均を大きく上回る。

 ロクシタンのウェブサイトによれば、同社は世界90カ国に3285店の小売店を構える。昨年、売上高が13億ユーロ、営業利益が1億4200万ユーロだった同社は、アジアでの拡大を目指し、10年に香港で上場した。

 香港証券取引所への提出書類によると、買収費用は現金と銀行融資で賄われる。買収完了は19年第1四半期となる見込みだ。(ブルームバーグ Daniela Wei Denise Wee)