福島第2原発の廃炉検討方針 「着実に進めて」 世耕弘成経産相が東電社長に注文

世耕弘成・経産相
世耕弘成・経産相【拡大】

 世耕弘成経済産業相は19日に東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長と会談し、昨年6月に小早川氏が表明した東電福島第2原子力発電所の廃炉検討方針について「関係者とよくコミュニケーションを重ね、廃炉に向けた具体的な検討を着実に進めていただきたい」と求めた。

 また、東電福島第1原発事故の被害者が申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、東電の和解案拒否により打ち切られた案件についても「個別事情に応じて適切に対応することを周知し、申し出があった場合には個別の事情を丁寧に聞き、きめ細かな対応をしていただきたい」とした。