専欄

「日本文化に魅了されている」 なぜ対日印象が改善したのか (1/2ページ)

 中国人の対日印象が急速に改善している。言論NPO・中国国際出版集団の共催による「日中共同世論調査」の結果を見ても、日本に対して「良い印象を持っている」「どちらかといえば良い印象を持っている」の合計は、この5年間で5.2%から42.2%にまで増えている。一方、日本人の対中印象は、ほとんど変わっていない。この違いはどこから来るのだろうか。(拓殖大学名誉教授・藤村幸義)

 日本日中関係学会が毎年、日中学生懸賞論文を募集しているが、今年の受賞論文集を読んでみると、中国国内でこの数年の間に、実に大きな変化が起きていることがよく分かる。

 まず驚いたのは、今年度の受賞論文には、老人介護、文物保護、国際緊急援助など、日本の制度や仕組みの良さを高く評価したものが目立ったことだ。中には「未曾有と言えるほど日本文化が広く伝播、浸透しており、若者層のみならず、大勢の人々が日本文化に魅了されている」といった記述もある。

 この論文の筆者は、日本ブームと言ってもよい状況を生み出している第1の要因として、中国の都市人口の急激な増加により人々の「文化への需要」が急増し、文化に対して高い関心を示すようになったことを挙げている。中国国家統計局の数字によると、2018年に中国の都市人口の割合は約60%まで上昇している。これが人々の生活態度を大きく変えている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus