砂糖の国際価格に上昇の兆し ブラジル製糖各社、エタノールに軸足 (1/3ページ)

ブラジル南東部サンパウロ州にある製糖会社の砂糖倉庫(ブルームバーグ)
ブラジル南東部サンパウロ州にある製糖会社の砂糖倉庫(ブルームバーグ)【拡大】

 世界最大の砂糖生産国ブラジルの製糖各社が生産量を手控え始めた。生産物を砂糖からサトウキビ由来のバイオ燃料に簡単に切り替えることができる生産設備の導入が相次いでいるからだ。砂糖の供給が減少し、国際相場が押し上げる可能性が出てきた。

 簡単に製造割合変更

 同国南東部サンパウロ州を拠点とする製糖大手ウジナ・バタタイスの営業担当、ルイス・グスタヴォ・ジュンケイラ氏によると、同社は2年前に生産切り替えのための拡張投資を行った。

 それ以前は、砂糖価格が変動してもサトウキビ収穫量の最低45%は砂糖にする他、選択の余地はなかったが、2019~20年度の収穫分では砂糖製造を約36%にまで減らす。

 同社は3月1日に今年度収穫分のサトウキビを使ったエタノール製造を始めたが、ほぼ全てのサトウキビがエタノールに充てられているという。サトウキビ生産が最も盛んなブラジル中南部でバイオ燃料は1ポンド(約0.454キログラム)=約14.5セント(約16円)に対し、ニューヨーク市場の砂糖先物は3月15日時点で12.52セントと、エタノール価格を下回っている。

続きを読む