5時から作家塾

100%消費者主義 ここまで攻める!? 欧州商品審査機関「消費者議会」 (1/4ページ)

ステレンフェルト幸子

 オランダ消費者議会から届く「攻めた」内容の機関誌

 筆者が現在生活するオランダの人間は世界的にはケチと言われたりもするが、実際に接してみると、日々の幸福度や社会福祉に貢献するものなど、「出すところには出す」傾向も高く、要するに「お金を賢く使いたい」との印象が強い。

 そのオランダ人の消費活動の応援団ともいえる団体が「消費者議会」。日本にも各自治体が運営するいわゆる「消費者センター」が存在するが、こちらは消費活動にまつわるトラブルの対応・啓蒙が主な活動。一方オランダの「消費者議会」は、消費者からの苦情対応もするものの、主な活動は巷に出回る商品の調査・検証である点が日本の消費者センターとはイメージが異なる。

 政府の助成と会員からの会費のみで運営される絶対的独立機関の立場で、バターから車まであらゆる商品を対象に徹底的な検証を行い、その結果をメーカー・商品名付きで全て公表する。その内容が日本人の筆者には「これ公表していいのか?」と仰天するほど「攻めた」ものとなっており、ぜひ紹介したく筆を執った次第である。

 世界的組織の「国際消費者議会」

 そもそもオランダ消費者議会は、欧州消費者議会の、ひいては日本を含む世界120か国の消費者協会からなる国際消費者議会の一員である。その歴史は1950年代に遡り、現在もアメリカ・ヨーロッパに広がりロンドンに本部を置くその親組織の中でも活動をリードする立場をとっている。90年代には65万世帯(全国の世帯数の11%)が加入する世界一国内加入率の高い消費者団体となり、現在も35万世帯が会員登録している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus