国内

経常黒字、5年ぶり減少 昨年度19兆4144億円 原油高影響

 財務省が14日発表した2018年度の国際収支(速報)によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支は前年度比12.4%減の19兆4144億円の黒字となった。前年度を下回るのは5年ぶりで、輸出から輸入を差し引いた貿易収支の黒字が84.4%減の7068億円と大幅に減少したことが主な要因。原油価格の上昇を受けて輸入額が増加したことに加え、米中貿易摩擦などの影響で輸出額の伸びが鈍化したことが影響した。

 貿易黒字は4年連続。輸入が原油高の影響で8.0%増の79兆6103億円となったのに対し、輸出も80兆3171億円で2.6%増えたが、伸び率は前年度の10.6%から縮小。輸入額の増加が輸出額を上回った。

 一方、経常収支のうち、海外投資の収益を表す第1次所得収支の黒字額は3.9%増の21兆652億円で、過去2番目の水準に達した。第1次所得収支の黒字幅拡大は2年連続で、企業買収など日本企業の海外展開が加速していることに加え、世界的な景気拡大を受けて海外子会社からの配当金が増えたことなどが貢献した。

 訪日外国人と日本人海外旅行者が現地で使う金額の差を示す旅行収支の黒字は23.3%増の2兆4890億円となり、比較可能な1996年度以降で最大となった。ただ、輸送収支の減少を受けて旅行や著作権料などモノ以外のやりとりを示すサービス収支全体の赤字は6378億円と、赤字幅は約4割拡大した。

 同時に公表した2019年3月の国際収支速報によると、経常収支の黒字額は前年同期比10.6%減の2兆8479億円で、57カ月連続の黒字となった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus